日本からもスポーツ投資で賭けることが出来る

1位を予想する

イギリスで人気のあるブックメーカーは、スポーツ競技の勝敗だけでなく、選挙の結果などいろいろな物事の結果を予想し、それを対象として、賭け取引きを業種とするイギリス政府公認の私企業です。海外では、欧州を中心にメジャーなギャンブルとされていますが、日本では賭け事は禁止されています。しかし、ブックメーカーのほとんどが海外に拠点を置いているため、海外の法律が適用されることになりますので、利用したとしても、違法性はないとされています。

世界大会などの大きな大会になると、参加人数も多く、動くお金も大きくなります。動くお金が大きければ大きいほど、自分が結果を当てた時の配当金も大きくなります。そのため、スポーツ投資としてブックメーカーを利用する人も多くいるようです。ただし、スポーツ投資の場合、賭け金に上限があります。ブックメーカーがオッズを独自に提示しているため、上限を決めなければ、支払いが出来ないほどの大当たりをされてしまう可能性があるからです。

投資する際には、ブックメーカーも大手であったり、そうでないものもありますので、ホームページだけでなく、口コミなどで、出金の状況などもしっかり確認し、比較するのが良いでしょう。

試合に賭けてスポーツ投資

ブックメーカーのスポーツ投資は、日本では認知されていません。野球やサッカーなどの試合結果にお金を賭けるのは、ギャンブルとイメージする人がほとんどです。しかしスポーツ投資は世界的には立派な投資法の一つで、株式や不動産などと同じように専門家がいます。日本からもインターネットを介しブックメーカーは利用できるので、投資の一つとして始めてみるのも良いでしょう。

ブックメーカーのスポーツ投資では、海外のサッカーやテニスなどの競技だけではなく日本の試合も対象です。プロ野球やJリーグの試合にも賭けられるので、日本人のプレイヤーにとっては馴染み深く有利に働きます。海外の試合は情報を集めて分析するのが難しいので、ブックメーカーの利用になれていないうちは国内を中心に賭けるのが賢い選択です。

慣れてきたら海外サッカーやテニスなどに挑戦して、投資の対象を増やしましょう。

ブックメーカーはスポーツ投資としての側面がある一方、ファンが楽しむためにお金を賭けることもあります。応援しているチームやファンの選手にお金を賭けて観戦すれば、いつも以上に白熱します。最近は海外のサッカーやバスケのファンも国内には増えたので、応援の意味を込めて賭けるのも良いでしょう。